口臭がキツイ時の対策方法|歯槽膿漏を防ぐことも可能

口の臭いのを予防する

男性女性

口の臭いの原因

口臭の原因は口の中の気体に原因があります。口の中の唾液や血液、古い細胞などが臭いの元となる揮発性硫黄化合物質を作り口臭の原因になります。口臭の原因として、生理的口臭と病的口臭の二つに分けられます。生理的な口臭は病気が原因ではない為、普段の生活から気を付ける事で対策する事が出来ます。唾液の分泌量が少ない事で細菌が増殖して臭いの原因になります。自律神経の働きが原因で緊張すると口の中が渇いて臭いを発生させるので、歯磨きやうがいなどで唇や口腔粘膜を刺激する事で唾液の分泌を促進させます。また、食事をする際には柔らかい物ばかり食べていると口の中の筋肉が衰えて唾液の分泌が減少する原因になります。よく噛んで食べると口の周りの筋肉が鍛えられて唾液の分泌が良くなり口の臭いを防止する対策になります。

病気が原因の口の臭い

歯周病や虫歯などは、病的口臭の原因とされます。詩集ポケットに唾液や血液、食べかすなどが入りこむ事で臭いを発生させます。虫歯で歯に穴が開いた状態では、食べかすが詰まりやすくなり歯磨きをしても取り除く事が出来なくなります。マウスウォッシュなどを使って一時的に臭いを抑えても根本的な解決にはならない為、虫歯を治療する事が口臭をしなくさせる為の対策です。歯周病や虫歯以外の病気による口臭の原因には、副鼻腔炎や肝臓病、腎臓病などが原因となって口の臭いがきつくなる事があるので、その病気を治療する事で解決する事が出来ます。口臭を治す対策として、専用のマウスピースを使って薬を歯周ポケットや歯の表面などに浸透させる方法があります。