口臭がキツイ時の対策方法|歯槽膿漏を防ぐことも可能

他人に迷惑をかけてしまう

2人の男性

唾液がキーポイント

口臭は公害とも呼ばれるほど他人に迷惑をかけるものです。そして自分では気づきにくいのが特徴です。口臭に覚えがある場合には適切な対策を行う事が大事になります。最近では口臭予防のグッズが多数販売されており人気があります。しかし本当の理由を突き止めない限り口臭を根絶させることができないのです。口臭の要因には二つあり、一つは生理的口臭、もう一つは病的口臭があります。生理的なものは、唾液に殺菌作用により抑えられているものが何かしらの理由によって失われることです。起床時や緊張時に唾液の分泌が減少することによって発生することもあります。この解消方法は唾液を分泌させることです。飴やガムなどによっても唾液対策をする事が可能になります。

虫歯や歯周病に注意

歯磨きの際に舌を磨くことも重要な予防要素です。舌を清潔に保つことで、舌の表面にある細菌を除去する対策方法です。舌の粘膜を傷つけない程度に一日一回舌磨きする程度が理想です。虫歯や歯周病によって発生することもあります。これらは歯医者に定期的に通い、検診を受けることで予防する方法があります。特に歯周病は痛みなどもなく自覚症状がない状態で進行しますので、定期検診が大事なのです。また親知らずなど細菌がたまりやすい歯を抜いてしまうことも対策の一つとなります。逆に病的の場合には、体の何かしらの病気が要因となっていることが口臭の要因となっているため、生理的な予防法を実施しても効果はありません。特に内臓の病気がもたらすことが多いため、病気の治療が優先となります。